大森台駅前徒歩0分|あしたば整骨院|千葉で17年の姿勢整体

痛みの不安から解放される無痛整体

からだの痛みを抱えている人にとって、どうやって解決したらよいか

 

常に情報を探しているのではないでしょうか?

 

少なくとも、この文章を読んでいただいているあなたはその一人かもしれません

 

ここでは痛みがなぜ発生して、どのように対処すれば改善、または治るのかをお伝えしていけたらと思います

からだの痛みが発生する理由とは

からだの痛み=関節の痛みである可能性が高いです

 

痛みが出始める頃の状態では、骨と骨の位置関係に不整(整っていない状態)が何らかの原因によって発生します

 

これがひねった、ぶつけたなどの純粋な外傷だったり、姿勢などによる生活習慣に衝撃などのきっかけがプラスされて起こります

 

また内科疾患が基礎にあって、からだをまっすぐに維持できない状態から衝撃などのきっかけがプラスされて起こることもあります

 

必ず共通する方程式として

 

基礎的なからだの不良状態+きっかけになる衝撃(外力)が痛める条件になります

関節の痛みを放置すると神経痛に発展

痛みは最初のうち関節痛になるとお伝えしました

 

痛みの強さは様々で個人差が大きいところですが、関節痛を放置しておくと

 

ほかの痛みが出てくる場合があります

 

代表的なものが神経痛です

 

神経痛は体に張り巡らされた神経繊維が圧迫されたり、引っ張られたりすることで起こります

 

首は特に敏感な組織

首周りの筋肉は敏感です。したがって強い刺激を好みません。

 

首を治療するときは繊細な施術が必須です。

 

強い刺激や長時間のマッサージなどを行うと、揉み返しのような緊張が出たり、頭痛になる。

 

更には首が回らなくなる等のトラブルが発生する可能性があります。

 

首は特に雑に扱ってはいけない部位なのです。

首の治療は特殊な技術が必要

交通事故/むちうち治療のあしたば整骨院/千葉17年の実績

 

首(頚椎)はフレキシブルに動く棒状構造をしており、回旋動作に対して最も効率よく働くようになっています。

 

そのため首(頚椎)の疾患が存在する場合、大抵は先行して椎骨における前後のズレ、もしくは骨盤の左右のズレが発生しており

 

その補整が起こった結果として、脊柱のねじれになっている場合が多い。

 

交通事故/むちうち治療のあしたば整骨院/千葉17年の実績

 

つまり首が悪い人は、その前段階で骨盤の傾きや、脊椎の後方偏位が発生し

 

骨盤や脊椎での偏位を“なかったことに”するため、脊柱ねじれを作り出しているのである。

 

 

したがって二段階の治療が必要となり、複雑性を有している身体である。

 

一言でいえば“こじらした”身体である。

 

 

この状態を治療するためには、一旦身体の安定が失われる方向へ動かす必要があります。

 

これは身体の構造を熟知していないと怖くて行うことができません。

 

そして必ず安定する方向で終了する必要もあります。

 

そうしないと時間経過により骨格が乱れ、痛みなどの症状が発現してしまうからです。

 

何のことだか全くわからないですよね。つまり首の治療は難しい。

 

と、いう事だけ理解して頂ければ幸いです。

首の治療が進むと姿勢がよくなる

首の治療は自覚症状が改善したかどうかで判断されることが多々ありますが

 

本当は改善具合が目で見える方がよいと思います。

 

当院では

 

脊柱の安定を【腕の強さ】という指標で評価しています。

 

しかし

 

当院で診断を受けないとわからない。という事になります。

 

首の状態をざっくり理解するためには【姿勢の良さ】で判断するとよいでしょう。

 

姿勢が悪い人は、首の悪い場合が多いのです。

 

首は脊柱全体のバランスをとるジャイロの役割を持っており、位置異常を起こしている

 

関節があるとバランスをとろうと無意識に関節位置の補整を行います。

 

それにより姿勢が悪くなるのです。

姿勢がよくない事が土台になって、関節がズレるために引き起こされます。

 

痛みのある部位がいつまでも治らないのは、関節の土台である姿勢そのものにアプローチしていないからかもしれません。

 

あしたば整骨院ではマッサージとは全く異なる、痛くない【揺らす整体】を行っています

 

揺れの振動で間接的に骨格の並びへアプローチ

 

バケツに入った砂をなだからにするためには

page top